YouTube動画編集を依頼するならこの会社!選び方や料金相場を解説

「YouTubeを始めたいけど編集できない」
「YouTubeの編集がうまくいかない」
「編集する時間がない」
などYouTubeの動画編集で悩まれている方いるのではないでしょうか。

しかしご安心ください。これらの悩みを全て解決できるYouTubeの動画編集会社が近年続々と誕生しています。
あなたがすることは撮影した映像を編集会社に送りただ待つだけです。

この記事では、YouTubeの動画編集を編集会社に依頼したい方のために、YouTube編集会社の選び方・料金相場・おすすめのYouTube編集会社について解説します。

YouTube動画編集会社の選び方

YouTubeの動画編集を会社に依頼すると言っても動画配信サービス業界の成長が著しく、それに伴ってYouTubeの動画編集を請け負う会社も急増しています。

YouTubeの動画編集を会社に依頼する場合には以下の3点を意識して選ぶと良いでしょう。

  1. 実績があるか
  2. 自分に合った価格設定か
  3. アフタフォロー・サポートが充実しているか

選び方1.実績があるか

先ほども述べたように動画配信サービス業界の成長によってYouTubeの動画編集を請け負う会社が一気に増えました。
その中には技術もそこまで高くなく、利益しか考えていない会社も存在しています。

そのため、運営年数が長い会社や、様々な実績のある会社を選択して依頼しましょう。

選び方2.自分にあった価格設定か

実績があったとしても、予算をオーバーした価格設定になっている会社はやめましょう。

自分の実力に見合った、集客費用を含めた予算と踏まえて適正な価格設定となっている会社を選択してください。
YouTubeはどれだけ動画編集がうまくても集客しなければその動画は埋もれてしまいます。

編集費用だけでなく集客費用も含めた予算を踏まえて、会社を選定しましょう。

選び方3.アフターフォローやサポートが充実しているか

アフターフォローやサポートも動画編集会社を選択する上で重要なポイントとなります。
特に納品後の修正に関しては完全無料の会社、回数制限付きで無料の会社、完全有料の会社があるので必ず確認してください。

「肩書きが変わった」「サービス内容の変更」など納品後の修正が余儀なくされる場面がありそうな場合には、納品後の修正を無料で行ってくれる会社を選ぶことをおすすめします。
修正が必要ない場合には特に意識する必要はありません。

YouTube動画編集の料金相場

YouTubeの動画編集を会社に依頼して行う際の料金相場は1本5,000円~500,000円と非常に幅広いです。
1本あたりの動画の長さにもよりますし、テロップや効果音の挿入などオプションの追加によっても料金は変動します。

動画編集会社の料金設定が高すぎると感じた場合は、フリーランスの方に依頼するのも1つの手です。
フリーランスなら1本3,000程度から引き受けてくれる方も多く、動画編集会社よりも依頼に柔軟に対応してくれます。

しかし動画編集の領域はプロではなく趣味でやっている方がほとんどなので、技術で言えば動画編集会社に軍配が上がります。
また、中には納期を守らないなど無責任な方もいるので、安心して取引したいのであればきちんとした動画編集会社に依頼するべきです。

YouTube動画編集が得意な会社5選

YouTubeの動画編集が得意な会社を5社紹介します。
実力があり実績も十分な会社のため、安心して依頼してください。

  1. Givee株式会社
  2. ☑️株式会社GEKIRIN
  3. 株式会社ZENCREATE
  4. 株式会社フロンティアチャンネル
  5. 株式会社ロックハーツ

Youtube編集動画会社1.Givee株式会社

1本あたりの費用 要相談

Givee株式会社は、東京都豊島区に本社を置き映像制作や動画制作・Web制作・企画・分析・マーケティングなど幅広く展開しています。

カンヌ金賞受賞のクリエイターや大手CMディレクター、某テレビ番組ディレクターなど経験も実績も十分すぎる社員を抱え動画編集にも力を入れています。
そのため様々なジャンルに対応し、豊富なバリエーションによる表現が可能です。

また、動画を制作・編集して終わるのではなく、動画を活用したマーケティングまで行えます。

ベンチャー企業だからこそできる低価格で高品質な編集をぜひあなたも体験してみてください。

Youtube編集動画会社2.株式会社GEKIRIN

1本あたりの費用 12,000円~

株式会社GEKIRINは神奈川県平塚市に本社を置きYouTubeの動画編集を専門に行っている会社です。

2,000件以上の制作実績を持ち、最短24時間でハイクオリティな動画を1本あたり12,000円~で依頼することができます。
2営業日以内に納品を希望する際には別途料金が必要になりますが、4営業日以内からの納品であれば追加料金は必要ありません。

在籍しているディレクターの多くがYouTuberとして活躍している方々です。

確実に再生される動画についてのノウハウを駆使した高いクオリティでの編集を保証しています。

Youtube編集動画会社3.株式会社ZENCREATE

1本あたりの費用 要相談

株式会社ZENCREATEは東京都渋谷区に本社を置き、YouTubeの企画・台本制作・撮影・編集・動画分析などYouTubeチャンネルを運営する上で必要となること全てを行っている会社です。
2020年9月5日現在で1,800件の制作実績を持っています。 また、現役のテレビ制作スタッフが多く在籍しており、テレビ番組のクオリティで撮影から編集まで行っています。

ただし、最低でも半年間は運用期間を設けないと結果が現れにくいという理由から半年間は契約し続けなければいけないという制約があるので注意が必要です。
利用開始から半年以上経過すると解約可能となりますが、半年経たずして解約することはできません。

Youtube編集動画会社4.株式会社フロンティアチャンネル

1本あたりの費用 20,000円~

株式会社フロンティアチャンネルは東京都品川区に本社を置き、映像事業やイベント事業、サウンド事業などの事業を展開している会社です。
YouTubeに関しては動画の撮影から編集、コンサルティングまで行ってくれます。

また、MCや俳優、モデル、インフルエンサーの手配やライブ配信のサポートをすることも可能です。

他の会社ではカメラマンの手配はできても俳優やモデルなど、ここまで手配することはできないため唯一無二性の高い会社であると言えるでしょう。

Youtube編集動画会社5.株式会社ロックハーツ

1本あたりの費用 30,000円~

株式会社ロックハーツは、福岡県春日市に本社を置き動画編集やムービー撮影、映像制作を行う会社です。

3,000件の制作実績を持っており、経験豊富な現役の映像クリエイターが動画の企画・ディレクションから動画制作までサポートしてくれます。

またYouTubeチャンネルの運営代行も行っており、視聴数やチャンネル登録数、視聴時間などのデータをレポートし、より再生されるように改善することが可能です。
その際に検索にヒットしやすく、そして上位表示されやすくさせる動画設定・最適化を施してくれます。

他の動画編集を行う会社と比べると1本あたりの費用が高いですがそれだけの価値があるサービスとなっています。

まとめ

YouTubeに動画を投稿するユーザーが増え、中途半端な編集では目の肥えた視聴者は見なくなっています。

特に最近は芸能人が多く参入しており、彼らはテレビの現場で活躍しているようなプロの編集者と契約を結んでいるので、一般人では到底太刀打ちすることができない状況です。

もしあなたのチャンネルが伸び悩んでいたり、動画編集に関して悩みがあったりする場合には、編集会社のプロにYouTubeの動画編集を依頼することをおすすめします。
その分費用はかかってしまいますがプロの編集とはどのようなものなのか、そのレベルを知れるだけでも十分に参考になるでしょう。

>Giveeで最高の映像を、あなたに

Giveeで最高の映像を、あなたに

Giveeは東京、福岡、仙台を中心にした映像制作会社です。日本全国のギビークリエイターととも最高のムービーをハイクオリティ、企業様に合わせたご予算で提案してまいります。ギビーは熱狂的にキブります。

CTR IMG